ベランダのトマト
共働き子育て

40℃越えで心配だった突発性発疹

ほとんどの赤ちゃんがかかる発性発疹に先日かかったときの話です。

月曜日に保育園から帰ってくると、娘がなんか熱い。
保育園の迎えで先生は「今日もご機嫌でした~」と言ってたけど、週明けで疲れたのかな、と思い熱を計ってみると38.3℃あり、急いで小児科に行ってきました。

まだ突発性発疹にかかったことがないので、もしかしたら突発性発疹かも、とのことで自宅で様子を見ることに。
みるみるうちに熱が上がり、40℃近くあるのにケロっとしている娘..
小児科でもらった熱冷ましを使ってみると、いったん熱が下がるものの、薬が切れるとまた40℃近く上がって心配でした。

翌日も翌々日もなかなか熱が下がらず、木曜日は小児科が休みで、熱冷ましも足りなくなりそうなので、水曜日に小児科へ行くと、採血をして調べてみることに。
白血球の数などからやはり突発性発疹の傾向があるとのことで、自宅で安静にしていましたが、金曜日になると熱は下がって、赤い発疹が体中に出てきました。

発疹は最初はおなかや背中にまだら模様な感じだったのが、最終的には腕や太もも、顔にも発疹が出てきました。
4日間、40℃近い高熱が続いて心配でしたが、小児科で突発性発疹の診断をもらって一安心でした。

突発性発疹を調べてみると、高熱が出ている間は割と機嫌がいいのに、熱が下がると機嫌が悪くなることが多いので「不機嫌病」とも呼ばれているそうですが、まさに娘もそうでした。

発疹が出る頃には感染力が弱まるので、週明けから保育園に通ってOKとのこと。
結局、火曜日から4日間も保育園をお休みしました。
突発性発疹にかかったのが育休中でよかったです。

ちなみに採血したときにできた内出血の痕は2週間くらい消えませんでした。

写真はベランダ菜園中のトマト。
次々と実がなっていくので収穫が楽しみです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です