共働き子育て

約10年ぶりのマタニティライフ

ひとりっ子あるあるだと思いますが、
「なんでウチは一人なんだろう.. 妹がほしいな」
と娘から度々言われていたので、期待に応えたいと思いつつも、流産を何度も経験して不育症の検査では問題ないとの診断でも期待はしないで、できたらいいな、くらいに思っていました。
そんな中、約10年ぶりに妊娠することができて、いよいよ臨月に入りました。

妊娠が分かってからこれまでを振り返ると、とにかく悪阻が酷くて、昨年の秋は本当に辛い時期でした..

一人目のときは無知が故に初めてのこともこんなモンか、と受け止めるしかなかったですが、二人目となると色々と知識や経験からちょっとしたことでも何かと不安です。

特にさいたま市では母親学級や両親学級があるので、約10年のブランクも講座を通して少しでも不安解消につながれば、と思っていましたが、母子手帳をもらう際に講座は初産婦のみと言われてしまいました凹

一度経験してるとはいえ、10年も経てば時代も変わるし、忘れてる部分も多いので不安です。
しかし、さいたま市の場合、3ヶ月に1回の開催で区内の20人の枠しかないので、とても経産婦が参加できるほど余裕はありません。

一人目の出産では陣痛促進剤の使用でいっきに陣痛が来て怖かった思いが強く、今回の赤ちゃんも大きめなので出産は怖いですが、赤ちゃんとの生活を楽しみに乗り切りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です