さいたま市の共働き夫婦*子育て記録、ワーホリ in オーストラリア、WordPresse関連メモなど

安全に自転車に乗るために

12th Jun 2012 共働き子育て , , ,

我が家では娘が8か月の頃から3人乗り対応のアンジェリーノに乗っています。
小さいうちは自転車の前かご部分に乗れるタイプのものです。

最近、何でも自分でやりたがる娘。
着替えや靴を履くのはもちろん、車や自転車のシートベルトも自分でやりたがります。

先日、夫が娘を自転車に乗せて、少し目を離した瞬間、バランスを崩して自転車ごと倒れてしまいました・・・。
娘の体重は15kg超。前輪が動かないようにロックはしていたものの、自分で自転車のベルトをしようとしていたので、少し傾いた拍子に自転車が倒れてしまったんですね。

幸いヘルメットはしていましたが、頭を強く打ってしまって、放心状態の娘・・・
自転車は怖いから保育園は車で行こうと言い出したのですが、力が抜けて横になってしまい、ついに寝てしまいました。。

市の救急電話相談に電話したところ、意識があって痙攣を起こしていたり吐いたりしていなければ、とりあえず様子を見ておくだけでOKとのこと。

しかし、保育園に休みの電話を入れたところ、園長先生から
「すぐに救急車呼んで診てもらった方がいいですよ!」
と言われ、焦りながらも救急車を呼ぶことに。

救急車を呼ぶのも乗るのも初めてで、何かあったらどうしよう・・・と不安でしたが、幸い打ち所も良かったようで、診察を受けて無事に帰宅しました。

救急の先生からは、

「ヘルメットをしていても打ち所が悪ければ、最悪親の前で子どもが死んでしまう事故も実際あるんですからね。
絶対に目を離さないでくださいね!」

と注意されました。

自転車に乗せるときは、できれば壁に自転車を寄せて乗せるのが安全、とのことです。
これなら子どもを自転車に乗せて、向こう側に倒してしまうこともないからだそうです。

もしヘルメットをしていなかったら…
もし打ち所が悪かったら…

そんなことを考えると本当に怖いです。。

よくヘルメットをせず、ベルトもしないで自転車に乗せられている子どもを見ますが、人の子どもながら心配です。。
みなさんも気をつけてくださいね。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です