流行中の手足口病に・・・

今年、流行していると言われている手足口病・・・
ついに娘も手足口病になってしまいました。。

今はすっかり良くなって、保育園にも通えていますが、食べたり飲んだりすることが苦痛で娘にとっては辛い経験だったと思います。

発症から完治までをまとめました。

保育園からの呼び出し・・・

保育園から呼び出しで、急いで迎えに行きましたが、いつもより熱がちょっとだけ高いくらいで、機嫌も悪くはなかったので、その日はとりあえず病院には行きませんでした。

保育園の先生からは
「おしりの辺りにブツブツがあるので様子を見てください」
と言われていたので、お風呂に入るときに見てみると大変なことに!!

おしりから太もも裏あたりまでブツブツがいくつもできていました。

ブツブツの範囲が拡大!

翌日になると、おしりや太ももだけでなく、膝や脛、掌だけでなく甲、更には口の中までブツブツができていて、時間が経つに連れて、どんどん広がっていくようでした。

朝一番で小児科へ行くと、案の定、手足口病と診断され、保育園を休むことに・・・。
3日間は保育園に行けず、仕事も続けて休めないので、両親にも協力してもらって、なんとか切り抜けました。

飲食もおしゃぶりもできない

かわいそうなのは、口の中にできたブツブツのせいで、飲食やおしゃぶりができないこと。。

何か食べたり飲んだりするとしみるらしく、一度痛い思いをした食べ物はNGに。。
大好きなトマトも食べられず、ヨーグルトもダメ・・・
ただ、ゼリーは噛まなくても食べられるからか、不思議とOKでした。

毎日食べすぎな娘にとって、ゼリーしか食べられない状態が続いていたので、ふっくら顔やポッコリおなかはすっかり痩せちゃいました。。

寝るときはおしゃぶりすることが多いのですが、それも痛いらしく、すっかりしなくなりました。

おしゃぶりに関しては、これを機にこのままなくなれば良いなーとも思うけど、
赤ちゃんの頃のおしゃぶりは生まれる前におなかの中にいたときの様な安心感をおしゃぶりすることで得ている
みたいなことを聞いたことがあるから、無理に止めさせるのもかわいそうだし、難しいところですね。

娘にとって大好きなごはんも食べられず、おしゃぶりもできなかったので、とにかくストレスだったと思います。
ちょうど娘の誕生日と重なってしまい、誕生日会も延期になってかわいそうでした。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています